HOME お知らせ さいた!さいた!けんさもさいた!
お知らせ

さいた!さいた!けんさもさいた!

2020.12.27

コロナについて、結論は12/22日の投稿と変わりませんので、先に書きます。
<結論>
①重症者数がジリジリ増加。
②このままでは受け入れ医療機関の負担が増加。
③私たちは気を付けるべきことに気を付けて生活すべき。
しかし、感染者数(本当は陽性者数)が、「最多」「最多」と報じられる背景に、検査体制の拡充があり、検査人数も過去最多レベルであることを知っていただきたく、以下のグラフを作りました。
厚生労働省が公表する12/25日までのデータを使い、黒田が作成したものです。
陽性率は、検査体制が整っていなかった春頃に高いのは仕方がないとして、8月の第2波と現在を比べると、変わらないかむしろ低いくらいです。
つまり、多くの方が検査をするようになったので、陽性の方も多く見つかっている、と考えられなくもありません。
「さいた!」「さいた!」合唱に必要以上に恐怖感を抱くことなく、この「陽性率」を冷静に見ていきたいと思っています。