HOME ふれ合いブログ 釈然としません
ふれ合いブログ

釈然としません

2021.01.20

コロナの問題で、飲食店に的を絞り、時短を要請する政策は本当に正しいのでしょうか?
東京都の数字が手に入りやすかったので、グラフを作ってみました。なお東京都の飲食店への時短要請は以下の通りです。
①11/28日~12/17日
・22時まで
・協力金日額2万円/事業者
②12/18日~1/7日
・22時まで
・協力金日額4万円/事業者
③1/8日~2/7日
・20時まで
・協力金日額6万円/店舗
①の期間も新規陽性者は増え続けます。事業者ごとに日額2万円では、店を閉めるわけにはいかないということでしょうか?
そこで、②の期間は協力金が倍額となりました。それでも新規陽性者は増え続けました。協力が得られなかったのでしょうか?
そして緊急事態宣言となり、③の期間となりますが、閉店も20時に早まり、協力金も店舗ごとに6万円と跳ね上がりました。
それでも今のところ、一進一退のように私には見えるのです。
もうコロナとの付き合いは1年となります。もっと色々な角度から分析できるのではないでしょうか?